--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-13(Sat)

海外モノ

あーーー眠い。
明日から嵐さんは札幌2daysだ。寒いんだろうなー。
楽しくぶちあがってきてくださいな!
来週はやっと東京かぁ。まだ実感ないなぁ。



トラバの企画では「最近読んだ本」ですが、読めてないんだよな。
残念すぎる。
でも何とか読み終わったのが、リチャード・ブローティガンの『西瓜糖の日々』。
ノッてきたらあっという間だったけれど、すごく感じて考える作品だと思った。
好みの本。
原文も気になる。

あと今は小川洋子の『やさしい訴え』が途中。
中也関係の本も途中。

ついつい買っちゃうことのほうが多いのです。
所謂「積ん読」ってやつなのでしょうか。
ただ、「買って満足」じゃなくて、
読みたくて読みたくて仕方ないんです。しかし眠気がひどくて(言い訳)

最近は日本の本よりも、
翻訳物のがちょっと面白そうなの発見することが多い気がする。
もちろん日本の作家さんでもいいものたくさんあるんですけども。

いろんな国の作家さんが読める時期になってきたからかな。

南米だとやっぱりガルシア・マルケスが有名なんでしょうか。
短編集は昔に読んだ。「エレンディラ」の舞台観に行くから予習ってことで。
好みってわけではないけれども、嫌いじゃない。
もっとちゃんと読もうと、心に留めておいている作家さん。


『いちばんここに似合う人』ミランダ・ジュライ(アメリカ)
『アイルランド・ストーリーズ』ウィリアム・トレバー(アイルランド)
『そんな日の雨傘に』ヴィルヘルム・ゲナツィーノ(ドイツ)


今日買ってきた三冊。
も~やっと買えた、思い切ったって感じだー。
本当はもっと面白そうなのたくさんあって欲しくてたまらなかったけれど、
どれも単行本でいいお値段だったので諦めた。




週末はCD屋寄ろうかなー。
杏ちゃんのアルバム気になるし。あ、モデルの方の杏ちゃん。
ウエストライフは別として
(あの人たちはすごいんだってことがよくわかった)、
カバーアルバムってあんまり好きではないですが。

でも杏ちゃんの歌声素敵だったし、何より「謝々!」を選曲するなんて。
さすがっすな。すごく聞いてみたい。

カバー曲のことを思い出していたら
なんか久々に、手嶌葵ちゃんの「ザ・ローズ」聞きたくなってきた。
ベッド・ミラーのもいいけれども、
ウエストライフのもいいけれども、
私は葵ちゃんの声で歌うあの曲がとても大好き。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

PROFILE

heartypeople

Author:heartypeople
嵐5人が大好き。

自然と読書と音楽と嵐があれば
十分幸せ。

CATEGORIES
MONTHLY ARCHIVES
いらっしゃいませー!
CALENDAR
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RECENT ENTRIES
LINKS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。